tinder

出会い系アプリtinderの特徴とは

tinder公式サイトはこちら!

海外でのユーザー数が1000万人を超えるという超人気アプリのtinderの特徴は、出会い系のマッチングアプリであるということです。日本でも利用者が増えているということもあって、出会いを求めて実際に使ってみました。


まずは基本の使い方をマスターしよう

出会い系マッチングアプリである以上、tinderに登録するには自分はこんな人ですという自己紹介をすることが大事です。ただ、登録にあたってまず、フェイスブックとの連携が不可欠なのが特徴ですが、フェイスブック経由で自分のことを知ってもらえる機能があるのは便利かもしれません。tinderで写真を貼って自己紹介をするのは、自分のことを気に入ってくれる人を増やすためです。そのため、趣味や興味のあることを書いておくと、ふ~ん、ちょっと気になるかもといった感じでLikeに振り分けられます。気に入らないとNopeでスルーされる仕組みです。

無料会員と有料会員のどちらかが選べる

登録しているユーザーを見てLikeかNopeかで振り分けるという具合に、大勢のユーザーの振り分け作業を行うのがtinderの基本です。ただ、誰かが自分のことをLikeしたのかNopeにしたのかということはわかりません。相手にそれを知らせることができるのは、無料会員なら1日1回、有料会員なら5回までできるSuper Likeという機能です。文字通りとっても好きということを伝える機能なので、自分からガンガンいきたい場合は有料会員になるのがいいし、待っているスタンスなら無料でもいいでしょう。自分の場合、初めての出会い系マッチングアプリだったことからとりあえず無料にしました。

振り分け作業の合間にお誘いを待つ作戦

無料会員で振り分け作業の合間に誘いを待つ作戦をとったところ、マッチする相手が見つかり始めました。これってたぶん、私が女性だったからでしょう。男性は女性からのチェックが厳しいので、tinderは出会い系のなかでもマッチングできないという声が聞かれます。なので、tinderは女性向けかもしれません。女性は無料でもこれだけマッチするのですから、男性には有料会員になって頑張ってもらうしかなさそうです。マッチしたらメッセージのやり取りに移りますが、優先すべきはSuper Likeでアプローチしてくれた人です。とっても好きということなのですから、Likeでマッチングした人よりも大事にしないといけないと、自分なりに思っていました。

まとめ

tinderでは会えないという声が多いのは、主に男性からです。女性は自分で振り分け作業をしつつ、男性からのアプローチを待てるというメリットがあります。ただ、条件のいい男性は早く売り切れてしまいますから、無料でアプローチを待つなら経歴や顔立ちよりも、性格のよさそうな男性を気長に待って使うのがtinderという出会い系マッチングアプリの一番の特徴かもしれません。


公式ページはこちら

比較ページへのリンク画像